超わかる【真相】新型コロナウイルスをおさらいしてみた。covid19の原因、症状、予防、年齢、感染したら

健康・医療・ライフ

世界中で蔓延している新型コロナウイルスだが、これまでに分かっていることをもう一度整理してみた。

ただし、このウイルスは未知のウイルスであるためここに記載した情報が必ずしも正しいとは限らないし、まったく正反対の論文や医療関係者の意見もある前提で読んでおいてほしい。

コロナウイルスとは

分かりやすくするために専門的な難しい用語や化学記号は割愛させていただく。

COVID-19は、重度急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルスと同じ亜属のベータコロナウイルス、およびいくつかのコウモリコロナウイルスと呼ばれている。

 

現在まで、COVID-19はコウモリから人間に渡されたと考えられている。

それが直接発生したのか、中間ホストを介して発生したのかは定かではない。

コロナウイルスのインキュベーション期間:インキュベーション期間は最大14日間続くと考えられている。

確認された1,099人の患者を対象とした研究では、COVID-19のインキュベーション期間の中央値は4日だった。

コロナウイルスの伝染方法

現在まで、感染ルートは完全に解明されていない。

当初、最初の感染は武漢省のシーフード市場で発生したと考えられていた。

しかし、時が経つにつれて、人から人への伝送経路が確認された。

 

コロナウイルスCOVID-19の主な感染経路は接触である。

病人または保因者は、くしゃみや咳をして、ウイルスを含む粘液粒子を広げる。

2メートル以内の人からの広がりの半径が危険なエリアである。

この範囲内で直接感染が発生する可能性がある。

この半径の外側では、感染は感染した表面と接触すると発生する可能性が高い。

健康な人は、感染した表面に触れるとウイルスに汚染され、その後、手で顔に触れると、ウイルスが粘膜に移り、感染が起こる。

コロナウイルス感染の症状

この症状、またはその症状がコロナウイルス感染にとって重要または唯一の真の症状として提示されている出版物がネットワーク上にある。

実際、コロナウイルス病が確認された患者では、以下の症状の頻度が研究で示されている。

99%の症例で発熱
症例の70%で脱力感、疲労感
症例の59%で乾いた咳
症例の40%で食欲が失われる
35%の症例で筋肉痛
31%の症例で息切れ
症例の27%で痔疾を吐き出す
その他のあまり一般的ではない症状は、頭痛、喉の痛み、鼻漏(鼻汁)です。

呼吸器症状に加えて、吐き気や下痢などの胃腸症状がある。

さらに味覚がなくなるなどの症例もある。

このとおり、コロナウイルス感染の最も一般的な症状は発熱である。

ただし、温度レベルも指標ではないことに注意してほしい。

したがって、COVID-19である病院に入院した1099人の患者のうち、37.5度を超える温度が観察されたのは患者の44%のみだった。

コロナウイルス感染の重症度について

軽度の形態(ウイルス性肺炎または軽度の肺炎なし)-症例の81%。

急性疾患(呼吸困難、低酸素症、または24〜48時間以内のCTまたはX線画像での肺損傷が50%未満)は、症例の14%で発生した。

コロナウイルスと年齢

中高年層の人々が最大のリスクにさらされていることはすでに一般的に知られている。

しかし、子供を含むあらゆる年齢の人々が病気になる可能性があることに注意する必要がある。

病人の平均年齢は49-56歳だ。

中国では、患者の87%が30歳から79歳の間であった。

米国では、患者の67%が45歳以上である。

コロナウイルス感染による平均死亡率は2.3%。

同時に、70-79歳での死亡率はすでに8%にもなっている。

また、80歳以上の患者では-15%となっている。

最近では、子供を含む若者(40歳未満)のコロナウイルス感染の重症経過に関する情報が寄せられてる(以前は健康だった12歳の小児におけるCOVID-19の重症経過に関する情報が寄せられています)。

コロナウイルス感染症の治療COVID-19

現在まで、COVID-19の特定の治療および/または予防方法はない。

コロナウイルス感染の予防

予防のポイント:

良い個人衛生(手を正しく洗う方法を読むことから始めます)

自己隔離

検疫 :

マスク

マスクの着用は、2つのカテゴリーの人に示されています。

 

COVID-19の患者

コロナウイルス感染症の患者または患者との密接な接触を余儀なくされている患者の世話。

現在まで、罹患率に対するマスクの影響に関する信頼できるデータはない。

マスクの必要性に関する不安は、本当にマスクを必要とする人々の間でそれらの深刻な不足につながった。

 

病気でコロナウイルスに感染している疑いがある場合

COVID-19の患者と接触したり、コロナウイルス感染の疫学的状況が好ましくない地域にいたりした場合、最初にすべきでないことは、クリニックに行き、自分でクリニックに行ってテストを受けること。

そして一般的に家を出る。

 

マスクをする

家族であっても、ソーシャルサークルを制限する。

また、ペットとの接触を制限する必要がある。

軽度のコロナウイルス感染症は、家にいることができる場合もある。

家の周りの動きを制限し、同じ部屋にとどまる。

可能であれば、別のバスルームを使用してほしい。

手と顔をよく洗うこt。

くしゃみや咳をする場合は、ティッシュで顔を覆うこと。

ナプキンをバケツに投げ入れ、閉じたままにする。

その後すぐに石鹸と水で手を洗ってください(手を正しく洗う方法を思い出させるために)。

感染が疑われる場合はかかりつけの医者に知らせましょう。

状態が悪化して救急車を呼ぶ場合は、電話をかけるときは、コロナウイルスに感染している可能性があることを知らせる。

コロナウイルスと妊娠

現在まで、コロナウイルス感染が妊娠に及ぼす影響に関するデータは限られている。

胎児へのリスクを示す観察はない。

新生児への感染の伝播が記録されている。

あるケースでは、新生児は生後36時間で感染し、2番目のケースでは生後17日で感染した。

コロナウイルスと授乳

単一の研究では、乳汁中のコロナウイルスの存在は明らかにされませんでしたが、授乳では、母親との密接な接触のために新生児の感染のリスクが残っている。

コロナかもと思ったら

まず、最寄りの保健所やかかりつけ医に連絡しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました