超わかる【真相】はやぶさ2がリュウグウから回収した砂の量がすごい

IT・テクノロジー・新製品
ƒI[ƒXƒgƒ‰ƒŠƒA“ì•”ƒE[ƒƒ‰‹ß‚­‚̍»”™‚É—Ž‰º‚µ‚½¬˜f¯’T¸‹@u‚Í‚â‚Ô‚³v‚̃JƒvƒZƒ‹‚ð‰ñŽû‚·‚é—lŽqBƒJƒvƒZƒ‹‚ɂ͏¬˜f¯uƒCƒgƒJƒv‚̍»‚ª“ü‚Á‚Ä‚¢‚é‰Â”«‚ª‚ ‚éi‚P‚S“úŒßŒãjm‰F’ˆq‹óŒ¤‹†ŠJ”­‹@i‚i‚`‚w‚`j’ñ‹Ÿn

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に送り届けたカプセルで、小惑星「リュウグウ」へ2回目に着陸した際に採取した砂が入ったエリアを開封したと発表した。

前回と今回の回収量を比較してみると...

前回の回収量

JAXAはカプセル内のサンプルコンテナから肉眼で確認できる直径1ミリメートルほどの微粒子十数個と、サンプルキャッチャーA室の内壁から直径10マイクロメートルほどの微粒子2個を顕微鏡で確認したと発表した。

電子顕微鏡で観察できるサイズのテフロン製ヘラと純窒素チャンバーを開発し、地球大気による汚染を遮断した環境下で[102]容器の壁面をこすって微粒子を採取するようにしたところ、10マイクロメートル以下の微粒子を約3,000個捕獲することができた。

*出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

 

それが一転

 

はやぶさ2のカプセル開封 小さじ1杯の砂「期待超え」

15日に開封した表面の砂の倍ほどの大きさがあり、臼井寛裕(ともひろ)・地球外物質研究グループ長は「2回目に着陸した場所の岩盤が硬く、割れて大きな粒になったために粒が大きい可能性がある」と話した。

分析を進め、地下で眠っていた砂かどうかを判断する。

採取した砂は計約5・4グラムと見積もられ、目標としていた0・1グラムを大きく上回った。

出典:朝日新聞 DIGITAL https://www.asahi.com/articles/ASNDS5V22NDSULBJ00R.html?ref=auweb

 

はやぶさ1の回収量が少ないわけ

それは、はやぶさ1のタッチダウン時のトラブルだ。

タッチダウンとは着陸のことを指す。

 

はやぶさ1はイトカワに着陸し、はやぶさからイトカワ地表に伸びた筒がある。

その筒を通してお手玉のような物体をイトカワの地表にぶっつけてその時に舞い上がる粉塵を回収しているのだ。

 

しかし、はやぶさ1は1度目のタッチダウンが上手くいかなかった、

そのためか、2回目のタッチダウンの時にこのお手玉が計画通り発射されなかった可能性があるのだ。

 

そのため十分な回収ができなかった。

しかし今回は見事にミッションに成功したのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました