政治・経済・マネー

超わかる【理由】「結婚を認める」も矛盾したお言葉に見える父・秋篠宮さまの娘をかばう親心

2020年11月30日

30日秋篠宮さまは、55歳の誕生日を迎えられた。

これに先立ち、東京・元赤坂の赤坂東邸で行われた記者会見で、「結婚することを認めるということ」「本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきもの」と説明されていた。

秋篠宮さまのお言葉を確認してみよう

「この間、娘ともいろいろと話す機会がありました。認めるというふうに申しましたのはそういうことの話合いも含めてのことです(中略)やはりそれが見える形になるというのは必要なことではないかなあというふうに思っております」

「そうですね。どの段階というのがいろいろあるかもしれませんけれども、私は、特に結婚と婚約は違いますから、結婚については本当にしっかりした確固たる意志があれば、それを尊重するべきだと私は思います。これはやはり両性の合意のみに基づくということがある以上、そうでないというふうには私はやはりできないです。」

これが秋篠宮さまが仰られたお言葉だ。

先の記者会見での報道の通り、「(ご結婚について)認める」

そしてもうひとつは、「(憲法で婚姻は)両性の合意のみに基づくということがある以上」

という2つの御言葉だ。

矛盾するお言葉

いま言ったように、憲法では両性の合意のみで結婚は成立する。

つまり、親の許可、承認は必要ないのだ。

それなのに秋篠宮さまは敢えて「認める」と仰られたのだ。

認めていてもいなくても、特に「言わなくてもいいことなのに」だ。

秋篠宮さまが敢えて「認める」と言ったわけ

眞子さまと小室さんが結婚すとるとしたら、ふたりに非難は集中するだろう。

しかし、結婚を「認める」と公言することで、

「なぜ、許可したんだ」

「公費の無駄遣いだ」

「皇室の恥」

といったバッシングを自らも受けることで少しでも娘に向けれらる非難を回避しようとされたのである。

こちらも読んでみてください

-政治・経済・マネー