超わかる【真相】秋篠宮さまは2年前に眞子さまの結婚を許していた事実あり。対する小室家は

政治・経済・マネー

秋篠宮さまは2018年にすでに眞子さまのご結婚を許されていた。

その真実がこのお言葉からわかる。

2018年11月

秋篠宮さまは2018年11月の誕生日会見で「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀を行うことはできません」と明言された。

それは、秋篠宮さまがわたしたち国民の心情を察し、そしてまた、一人の娘の父として述べられたお言葉だった。

このお言葉には実はすでに「結婚を許す」ということが隠されている。

「結婚を許す」とは

それは「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ」という部分からわかる。

つまり、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況になれば、納采の義を行う」と明言されているのだ。

 

当時は、「多くの人が納得」「喜んでくれる状況」とは何か? というところに議論が集中していた。

それはすなわち小室家の借金問題の解決なのだが、この時すでに秋篠宮さまは「納采の儀は行えない」とは言っているが、「結婚はできない」と言っていない。

このお言葉から、『この時すでにご結婚を許されていた』 ものと推測できるのだ。

これに対し小室家は

秋篠宮さまの深いお言葉に対し、小室家は… すなわち当事者の小室圭さんと母の小室佳代さんは金銭問題の解決をあくまでも「贈与」として解決する方法を選んだ。

 

結果として、400万円を貸したと主張するX氏はついに返済しなくてもいいと折れた。

そればかりか、『借金ではなかった』と公表するように主張したとの報道もある。

 

眞子さまは「生きていくのに必要なこと」とおっしゃられた。

その姿に父 秋篠宮さまは2年前のお言葉を反芻するかのように、明確に「結婚を許すということ」とおっしゃられた。

疑念はあの時すでにあった

2017年9月3日 秋篠宮 眞子 内親王と小室圭さんの婚約内定記者会見があった。

この時、眞子さまは小室さんのことを「最初に惹かれたのは、太陽のような明るい笑顔」とおっしゃられた。

これに呼応し、小室さんも眞子さまのことをのように静かに見守ってくださる存在」と言った。

 

いまだからこそわかるが、すでにこの時、この言葉に疑念があるのだ。

それは、皇族を月と比喩していることだ。

 

眞子さまが小室さんのことを太陽と言おうが天使といおうがそれはいい。

しかし、太陽と言われたのちに、皇族を月と比喩するのは明らかにおかしい。

 

宮内庁の一部の方は気付いたということらしいが、言われれば確かにそうだ。

なぜ、小室さんはこのような表現をしたのだろう。

 

ともかく、秋篠宮さまの深いお心には感服するばかりである。

とてつもなく大きな湖のようである。

それは太陽のコロナすら消し去り、

月の月の姿を呑み込むほどに大きく

太陽も月もいつも映し出す真実の鏡のような存在でないだろうか。

こちらも読んでください

[st-card myclass="" id="2830" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" fontawesome="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました