IT・テクノロジー・新製品

超わかる【mobile】Appleの新MacBookはM1+Big Surでiphoneを実現 狙いは?

2020年11月11日

Appleから新CPU「M1」を搭載した新しいMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniを発表された。

日本では11月17日から発売し、価格は

MacBook Airが104,800円から

13インチMacBook Proは134,800円から

Mac Miniが72,800円から

となっている。

なにが変わったのか?

新MacOS「Big Sur]はiphoneのアプリが動く

同社によると、新型Macに搭載されたmacOS Big Sur(ビッグ・サー)は、ユニバーサルアプリ(Apple SiliconとIntel Macの両方に対応するように作られたネイティブバイナリーを含む)だけでなく、ユニバーサルにアップグレードされていないその他のアプリも動作させることができる。

「これは、新型Macが史上初めて、ユーザーのiPhone / iPadアプリを実行できることを意味している」

とアップルは語った。この変革によってMacで利用できるアプリの選択肢は大きく広がる。

 

Macで初めてのシステムオンチップ「M1」

PCは従来、CPU、入出力、セキュリティなどのために複数のチップが使われていた。

しかし、M1では、これらのテクノロジーが1つのSoCにまったく新しいレベルで統合されているという。

そてにより優れたパフォーマンスと電力効率を発揮できるようになったと伝えている。

新OS「Big Sur」との組み合わせで、最大3.5倍高速なCPU、最大6倍高速なGPU、最大15倍高速な機械学習(ML)機能に加え、従来より最大2倍長いバッテリー駆動時間を実現するという。

しかし、この数字は懐疑的でこれまで発売されてきたどこのPCとも同じように数値ほどの体感速度は得られないかもしれない。

私たちが知っていることは、これはARMチップであるため、AppleM1はシステムオンチップまたはSoC全体であるということだ。

つまり、Appleが多数のコンポーネントを1つのパッケージにまとめることができたという事実しかわかっていない。

しかし、この事実はマザーボードのスペースが削減され、待ち時間が短縮され、電力要件が削減されるため、(数値は別として)パフォーマンスが向上する。

具体的には、Apple M1には、CPU、キャッシュ、GPU、ニューラルエンジン、DRAMすべてを1つのパッケージにまとめることは、理論的にはAppleがはるかに薄いMacBookの製造を開始できることを意味しているといえる。

軽薄短小と言われた技術革新は今だにと留まるといころを知らにといった感じだろう。

 

「M1」+「Big Sur]が生み出す最高のパフォーマンス

macOS Big Surは、M1に最適化して、パフォーマンスとバッテリー駆動時間の向上を実現するという。

Macのスリープ解除もiPhoneやiPadと同じく一瞬で行なえるということなのだ。

また、Apple製のMacソフトウェアはすべてユニバーサルアプリケーションとなり、M1システムでネイティブに動かせる。

既存のMacアプリは、AppleのRosetta 2テクノロジーで動作する。

また、iPhoneとiPadのアプリケーションも、これからはMac上で直接動作する。

 

「ネイティブ」動作

appleという会社はこれまで数回CPUメーカーを変えている。

WindowsPCもそういった歴史を持っているが、互換性を重視した変更になっている。

それに対し、appleは「必要最小限」的な変更なのだ。

古くは68000→68030→68040ここまでは概ね互換性はあった。

しかし、PowerPCになった時に動作しないアプリが多数発生した。

ユーザーは必然的に680x0機とPPC機を所有することを余儀なくされた。

その変換はPPC→Gx シリーズそしてインテル系への変更

という歴史を繰り返し、そして今またインテル系→M1で同じことを繰り返そうとしている。

Windows系ではWIN7のアプリはCPUを意識せず概ね動作するが、MACではCPUが変われば動かないことを覚悟しなければいけないということだ。

それを「ネイティブ」モードで救済すると言っているが、救済率は公表されていない。

 

なにが不幸なのか?

このCPU変更で最も困ることはグラフィック系であった。

初期のころappleには厳しいガイドラインがあり、

それに沿ってアプリを構築していれば互換性は非常に高かった。

しかし、ガイドラインというのはすべてを網羅できるわけでもなく、一部のユーザーはそれにはみ出したアプリをつくらっざるを得なかった。

そのはみ出した分野にグラフィック系が多かったのだ。

今回もM1でグラフィック系が強化されたと発表されている。

ユーザーがスムーズに移行でき、アップグレードしたCPUとGPUの恩恵を受けることができれば良いと願う。

 

まったく新しいアーキテクチャ

互換性に目を向ければネガティブな発言が増えるが、これをまったく新しいアーキテクチャとして受け入れることがappleの望んでいることだ。

それは私たちのためでもなるとappleは言っているのだ。

どういうことかというと、今回の目玉であるiphoneのアプリが動作するということだろう。

 

MacBookでiphoneをエミュする狙いは?

外出中にiphoneで仕掛っていたこと、家に戻りMacBookで継続する。

逆に、MacBookで仕掛っていたことが外出時間になりiphoneで継続する。

こういうことが実現できるようになるのではないかと考察する。

そう考えるともう、デストップとモバイルという垣根はなくるだろう。

それは、私の生活に大きな変化をもたらすだろう。

これによりappleはPC市場とスマホ市場を一手に掌握しようとしていることが読み取れる。

それこそがAppleの狙いだろう。

-IT・テクノロジー・新製品