IT・テクノロジー・新製品

超わかる【mobile】スマートフォン格安新料金プラン続々!ぴったりのスマホは?Y! UQ docomo

2020年11月5日

確かに高い日本のスマホ料金。

菅総理の改革の目玉でもあるスマホ料金引き下げ。

価格引き下げは苦しい?が、法改正前に新プランを打ち出し、

顧客を取り込もうと必死だ。

あとあと慌てることのないようにどのプランが

自分に合っているのかしっかり理解しておこう!

Y! mobile シンプル20 (softbank)

ソフトバンクはY!mobile向けの新料金プラン「シンプル20」を発表した(10月28日)。

提供開始は2020年12月下旬。

「シンプル20」では、月額4480円で20GBまでの高速データ通信を利用できる。

20GBを超過した後の通信速度は1Mbpsとなる。

10分以内の国内通話は無料で利用でき、

10分を超える国内通話は30秒あたり20円がかかる。

なお、シンプル20には「データ増量オプション」「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」は適用されない

また、My SoftBank、My Y!mobileのオンライン、ソフトバンクショップ、Y!mobileショップの店頭やコールセンターを含む全ての窓口で、2021年春をめどにMNP手数料を完全撤廃する。

さらに、My SoftBankとMy Y!mobileでのMNPを、24時間対応とする。

 

UQ mobile スマホプランV (au)

KDDIと沖縄セルラーは、UQmobile向けの新料金プラン「スマホプランV」を発表した。

提供開始は2021年2月以降。

「スマホプランV」では、月額3980円(税抜)で20GBまで高速データ通信を利用できる。

20GBを超過した後の通信速度は1Mbpsとなる。

家族で2人以上加入した場合に適用可能な「UQ家族割」であれば、月額3480円になる。

オプションとして、

月間最大60分まで通話できる「通話パック(60分/月)」が月額500円で提供

「かけ放題(10分/1回)が700円

通話定額の「かけ放題(24時間いつでも)が1700円 で用意される。

 

docomo

Y! UQ に続く docomoもサブブランドによる格安プランを計画か?

NTTドコモが、割安な新料金プランに対応した新ブランドの立ち上げを検討している、と時事通信が報じました。

NTTによる株式公開買い付け(TOB)完了までは株価に影響を及ぼす発表がしづらいため、

新料金プラン発表の時期は、TOBが完了する11月中旬以降になるとのことです。

 

docomoは現時点では静観

現時点では「前向き検討している。」というコメントだけ。

 

総評①

まだ、各社相手の出方をうかがっているという状態だろう。

現時点では、短い通話が多い方はY!。

通話はほとんどない方はUQというところ。

つまり、家族向けにY!、単身者にはUQと大別できる。

国内最大エリアを網羅するdocomoがプランを打ち出していないのが逆に不気味だ。

 

超わかる【mobile】iphone12 どれを選ぶ?PRO MAX mini 魅力と違いを超わかりやすく徹底考察‼

ついに5G対応のiphone12が発売された。 バリエーションは 「iPhone 12 mini」 「iPhone 12」 「iPhone 12 Pro」 「iPhone 12 Pro Max」 の4 ...

続きを見る

-IT・テクノロジー・新製品