健康・医療・ライフ

超わかる【理由】一律10万円の再給付は「ない」麻生財務相は適任か?

麻生太郎財務相は19日、閣議後の記者会見で、緊急事態宣言の再発令に伴い昨年実施した国民一律に現金を配る「定額給付金」の再支給を求める声が出ていることについて、「国民に一律10万円の支給をするつもりはない」と否定した。
生活が困窮した世帯に限定して給付する選択肢についても、「考えにくい」と否定的な考えを示した。
出典:Yahoo NEWS(産経新聞)

財務って何だろう

この麻生氏の言葉を受けて「財務とは何だろう?」と素朴に思った。

行政における財務
行政の分野においては、国家や地方公共団体による資金調達と調達された資金の運用の事務、すなわち財政に関する事務が「財務」と呼ばれている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

そのまんまだが、お金を集めて、どう使うか>ということだ。
では、財務省とはなにをするところだろう?

財務省(ざいむしょう、英: Ministry of Finance、略称: MOF)は、日本の行政機関のひとつ。健全な財政の確保、課税、国庫の管理、税関の運営等を所管する。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

「健全な財政の確保」とある。つまりこれ以上は健全ではないということだ。
これまでは健全だから、給付もしたのだ。
それならば、支給しないということは増税もないということだ。
まともに財務してるなら、そうですよね?
そこまで見越しているから「今回の10万円給付はしない」と言ったのだろう。
そう考えれば麻生大臣は適任だろう。
たとえ財務大臣が変わっても増税は無いのだから。

国民感情は無視なのか?

昼も、夜も営業するなという大臣。
国民にはするなと言いながら、会食して数多の手当をもらう議員たち。
コロナでリストラされる多くの社員。
そこには家族があり、国民がいる。
そして、与党はもちろん、野党からも議員の手当を減らしても国民を守ろうという声は聞かれない。
国会とは何をする場なのか?
各分野の有識者を入れた分科会の意見はいいとこどりするだけ。
医師会だけが本当の緊急事態宣言を発して危機を感じているようにしかみえない。

こちらも読んでください

-健康・医療・ライフ