超わかる【理由】「10万円再給付しない」に本田がツイートしたわけ

政治・経済・マネー

サッカー元日本代表でボタフォゴを退団した本田圭佑が19日、ツイッターを更新。
「一律10万円の再給付『するつもりはない』麻生財務省」のニュースに、「理由は何ですか」とつぶやいた。
出典:Yahoo! japan ニュース

フォロワーの反応は

フォロワーからは「貯金、預金が増えるからだと思います」、「理由知りたい私も」、「もっと声を上げて下さい」などの声が寄せられた。
出典:Twitter

なぜ、こんなつぶやきを?

なぜ、本田はこんなつぶやきをしたのだろう?
世界のピッチで活躍し、高額な報酬を得ているプロ選手だから、10万円が惜しいわけではないだろう。
海外へ行かれた方ならわかるかもしれないが、スラムや貧困層の暮らしはほんとうに悲惨なものである。
これは世界をまたにかけたというよりは、本当にローカルとして生きたことのある方は身に染みる話だと思う。
わたし自身もその体験を持ちその感覚は知っている。
そんな生活をしている人たちにとってコロナ=死ともいえるほどの恐怖である。
それは病気にかかることだけではなく、リストラや観光客減といった経済的な打撃をもろに受け、それも死という恐怖につながるからだ。
日本の貧困層も例外ではない。
このコロナでリストラされ先が見えない方も多い。
そんな国民感情を代弁してくれたのだ。
記者やリポーター、国民には「べらんめえ口調」で横暴な物言いするあの人もこれにはまったく無反応。
敵にするとめんどくさい相手とおもったのだろう。
つまり弱い者いじめしかできない人なのだ。
日本の政治家はドイツのメルケル首相を見習ってもっと国民ファーストになってもらいたい。

こちらも読んでください

コメント

タイトルとURLをコピーしました