超わかる【理由】裏目に出た小室文書 結婚はあるのか?

政治・経済・マネー

4月8日に発表された4万字28ページにも及ぶ小室圭さんの借金や結婚に対する気持ちを表した文書…いわゆる「小室文書」。
この文書は眞子内親王との結婚においてどのような意味を持つのか考察してみた。

小室文書の意味するところ

この文書の意味するところはおそらくは世間でささやかれている自己への疑念を払しょくし、自分が清廉潔白であることを示すことで国民の理解を得て、秋篠宮の仰る「国民に祝福してもらえる状況」を実現しようとしたのではないだろうか?
しかし、公表した文書で世間の評価はその思惑とは大きく離れたものだった。

世間の評価

ではこの文書に対する世間の評価はどうなのだろうか?

結婚への思いより名誉回復を優先

「・・・28ページにわたる長い文章は、眞子さまとの結婚よりも自分の名誉を守ることに終始していましたし、そのために他人を責めるような言葉がありました。もし眞子さまとの結婚を第一に考えて思いをつづり、自分の名誉を守ることを優先させなかったら、もう少し国民感情を動かせた気がしてならないのです。・・・」

宮内庁震撼「眞子さまのご意向でここまでこじれてきた」

西村長官は『経緯は理解した』とは言っていますが、『内容を評価する』とは言っていません。本音では、内容に疑問を抱いているはずです。
実際、ある幹部は“文書を読んで震撼した。あんな一方的で矛盾だらけの論文みたいな文書で国民に受け入れられるはずがない。何か思い違いしているのではないか”と不満をあらわにしていました」

文書公開から見えるプライドの高さと社会的経験の乏しさ

409万円をポンと払ってしまっても構わないが、そうすると借金を認めることになるという、プライドの認識であることにこだわっているようです。つまりこの金額は贈与であって、また入学金や学費は奨学金で利用している、というプライドにこだわっているようです。

それでも「結婚はある」

一様に世間の小室文書の評価は「厳しい」と言わざるを得ないだろう・
なぜなら、この文書に対する養護はほとんど目にすることがない。
このような状況は秋篠宮、天皇陛下がお言葉にされた「国民に祝福される」という状況を作り出すには程遠いのではないだろうか。
それでも「結婚はある」のだ。
なぜなら、それこそ秋篠宮さまが仰られた「婚姻は両性の合意によってのみ成立する」という憲法があるからだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました