新車も中古車もガラスコーティングで美しさを保とう!

アウディ カブリオレ

イロイロたくさん考えて決めた愛車。
いつまでも美しさを保ちたいと思うのはだれしもですよね。
そのためには洗車しかないのですが、きれいにすることと、美しさを保つのははちょっと違います。
今回は洗車というよりは美しさを保つコーティングについて調べてみました。
楽しく読んでいただけると嬉しいです。

コーティングについて

そもそも車というのは鉄やアルミ、樹脂のボディでできています。
その上に白や赤、黒といった塗料を塗って(焼き付けて)います。
カーコーティングというのは、そのくるまの塗装にさらに透明の塗装をするイメージです。
この透明の塗装のことを「コーティング」といいます。

コーティングは必要か?

「必要」か「必要でないか」と言われれば「コーティングしたほうが断然いい」ということになります。
なぜなら、コーティングすることであなたの愛車の美しい姿を長い間、保つことができるからです。

その理由は…

なぜ、「美しい姿を長い間、保つことができる」か考えてみましょう。
塗装というのは実は柔らかいんです。
もちろん人間の指で触ってもわかりませんが、厚塗りした遊具やご自分で塗装したとき滴ってできた「ダマ」を触った時にプニプニしてる経験はありませんか?
一見するとすべすべでカチカチに見えるのに不思議ですよね。
薄く塗っても塗料自体が硬化するわけではないので、薄くても柔らかいものはやわらかいままです。

そして高速で走る車に小石やプラスチックなんかの小さな破片がボディに直撃します。
そうするとその柔らかい塗装に突き刺さったり、塗装をえぐったりするわけです。
これがくるまの表面ボディに焼き付いている塗装を劣化させる原因となるわけです。
そういった被害からくるまを守るのが塗装の上に塗るコーティングというわけです。

塗装の敵はなにも小石やプラスチック片ばかりではありません。
紫外線や熱、風雨などの影響も受けます。
もちろんコーティングはこれらからもあなたの愛車を守ってくれます。

よし!コーティングをしよう!

その前に

大きなメリットのあるコーティングですが、コーチングにも種類があります。
それぞれのメリット、デメリット、価格、施工などを見てみましょう。

油脂系コーティング(Oil-based coating)

油脂系コーティングとは、従来型のワックスのことです。

メリット
  • 価格が安い
  • 初心者でも簡単に施工できる
デメリット
  • 傷や汚れを防ぐ効果は低い
  • 耐久性も低く雨で流れ落ちてしまうため、約1か月ごとに塗り直す必要がある
  • ワックスを塗り続けることで染みやムラが目立つことも多い(ワックスをキレイに除去する作業が必要になることもある
  • 自分で施工することができる
ガラス系と明確な区別がなく商品説明をよく読んでください

樹脂系コーティング(Resin-based coatings)

樹脂系コーティングとは、シリコンやフッ素、テフロンといったポリマー(有機化合物)が原料です。

メリット
  • 車体の塗装の上に強い被膜が作られる
  • その被膜がススや油などの汚れ、傷から塗装を守る効果が期待できる
  • 細かい傷を埋めて光沢を出すことができるので、ピカピカの車体になる
  • 汚れが付着しにくく簡単な洗車だけで十分なメンテナンスになる
  • 自分で施工することができる
デメリット
  • 洗車や雨、紫外線などの要因で効果が持続するのは約3ヵ月とやや短い
ガラス系と明確な区別がなく商品説明をよく読んでください

ガラス系コーティング(Glass-based coatings)

ガラス系コーティングとは、ガラス成分が一部含まれているタイプのコーティングです

merit(メリット)
  • 耐久性に優れており、被膜の劣化や傷を防ぐ効果が期待できる
  • 油脂系や樹脂系よりもツヤや光沢が自然で効果がおよそ6ヵ月持続する
  • 自分で施工することができる
  • 持続効果は半年~1年
  • 施工が比較的容易でガソリンスタンドや自分でも施工できる
デメリット
  • ガラス成分が「一部」で製品によっては含有力が少なく、思うような効果が得られない場合もある(樹脂系コーティング剤の中に含まれるガラス成分がごく微量でも「ガラス系」と称されるケースもあるため、コーティング剤を選ぶ際は含有量をしっかりと確認が必要)
ガラス成分がごく微量でも「ガラス系」と称されるケースもあるため、コーティング剤を選ぶ際は含有量をしっかりと確認が必要

ガラスコーティング(Glass Coating)

ガラスコーティングは、ポリシラザンなどのガラス成分を主体とたコーティングです。

メリット
  • 他のコーティングよりも圧倒的に強度が高い
  • 耐久性・寿命は、一般的に「3~5年」と言われている(しかし、紫外線や駐車環境の影響によって劣化するため、場合によっては劣化が早まることも考えられ、ガラスコーティングの耐久性や寿命を少しでも伸ばすためには定期的なメンテナンスが重要
  • 小石による傷や様々な汚れ、紫外線からの影響を最小限に留める効果が期待できる
  • 水を弾く効果が高いので雨染みができにくい
  • さらに汚れが落ちやすいので洗車が楽になる
  • 車の塗装を痛める原因をコーティングが守ってくれることは、新車に近い状態の塗装を維持できる
  • 傷がほとんど無いキレイな状態の車は、手放す際の査定額がアップする
  • 専門の施工業者が実施するが、自分でも施工することができる
デメリット
  • 基本、専門業者に依頼する施工であり高額。安くても約30,000円、より強度が高い2層構造では80,000円~140,000円以上になる
  • 専門業者に依頼する場合、最短でも1日、最長で~約5日程は車を預ける必要がある
レビューをよく読んで納得のいく買い物をして下さい

注意・補足

コーティング表面に油分や汚れが付着すれば、撥水性なども低下します。
そのためメンテナンスとして車が汚れたらこまめに洗車することが大切です
注意‼ コーティングしても「洗車は必要!」
但し、ガラスコーティングはワックスがけ等が不要

[st-myblock id="3798"]

コメント

タイトルとURLをコピーしました